破産宣告にかかる費用相場はどれくらい?安い料金探してみました!

破産宣告にかかる費用相場はどれくらい?安い料金探してみました!

破産宣告にかかる費用相場はどれくらい?安い料金探してみました!

自己破産を申請して破産宣告を受けようとする場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか。
弁護士や司法書士を依頼した場合に報酬に費用がかかるのは当然ですが、それ以外で、破産宣告をする際に必ず必要な費用として、収入印紙代、予納郵便代(切手代)、予納金があります。まず、収入印紙代は、破産申し立てと免責申し立てにおいて1500円、予納郵便代は3000円~15000円かかります。借り入れ社数によってこの額は変わります。そして、予納金は、破産手続き開始決定後、同時開始になる場合と、破産管財人が選任されて管財事件となる場合とで金額が大きく異なります。破産者に換金化するほど財産がない場合は、同時廃止になります。ほとんどの自己破産は、これに該当します。破産者が借金を重ねて財産が尽きて自己破産に至る場合などです。その場合は、1万円~3万円の予納金が必要です。一方、破産者に換価するだけの財産がある場合は、管財事件となり、最低50万円、小額管財事件の場合は最低20万円の予納金を支払う必要があります。破産者が法人である場合はほとんど管財事件となり、このような高額の予納金を支払わなければなりません。
破産宣告を受けるための手続きを全て自分でやるのであれば、かかる費用は以上です。この上に、弁護士や司法書士に手続きを依頼する場合は、報酬費用がかかります。大体15万円から40万円ほどです。自己破産する場合は費用を捻出するのが難しい場合がほとんどでしょうから、すべて自分で手続きをして費用を抑えるのもひとつの方法です。不安な場合は、無料相談などをしてくれる法律事務所を探してみるとよいでしょう。